ぼでなびの旅

こどもの頃の身体の使い方で未来が変わる 指導するまでの経緯過程記録

独立・起業を考えている方〔必読〕

独立・起業を考えている方〔必読〕 

まずは1人で独立・起業!うまくいく人、いかない人

まずは1人で独立・起業!うまくいく人、いかない人

 

 ↑ ↑ ↑ 

上記の本を参考に、自分にとって必要なことだけをまとめてみました。

 

その前に・・

結構前の本なのに、なぜこの本なのか?

理由は、時間があったので、ふと古本屋に立ち寄った時に、何気に惹かれるものがあったのか、ついつい購入してしまいました。

この類の本は、どんどん新しい本が出ていますよね。

あえて、古い本を読むことで今とどの程度違うのかなども知ることもできるため、たまに、古い本を読むのも有りかと思いまして。

 

改めて

上記の本を参考に、自分にとって必要なことだけをまとめてみました。   

起業

 自分のやりたいことをやりたい。

そのためには、自分で起業しなくてはいけない。

 

起業するにあたり、起業の知識は必ず必要。

 

「2度目の開業の方が黒字なる割合が多い」

1度目の開業は、赤字になる割合が多いことになる。

それを覚悟して、開業する気持ちはあるのかどうか。

まず始めに問われることになります。

その覚悟なければ、起業はしない方が良いでしょう。

諦めない気持ちをずっと持っている者のみが、2度目に繋がることになります。

起業しない方が良い

個人事業で上手くいかなかった時、

「リスクが少なくていいし、廃業も簡単だし」という考えなら起業はしない方が良い。

おそらくその程度の熱意何だと思う。

 
個人事業にしていく場合

いずれ会社にしていこうと思っているのであれば、始めから会社組織にすることがオススメ。

なぜなら、切り替え時には、手間とコストがかかるので。

 
今現在、会社勤めの人

会社は、人生を保障してくれません。

自分の身は、自分で守っていく時代。

自分の道は、自ら切り開いていく。

会社のレールより、自分のレールを歩んだ方が面白さ数倍。

だが、スリルも兼ね備えているため要注意!

現代では、数十年も安定して経営できるという保証できる会社は少ないのが現状です。

忠誠し、共倒れになっては今後どうしますか?

 

自分の持っている財産は何

無形の価値を知ることが必要。

いわゆる、自分を売り出すセールスポイントとなります。

 

人脈

人脈も大事。

人脈は、独立の営業基盤となります。

 

独立したら変わることといえば

一番は、時間

会社に拘束されていた時間を、時間を自分でコントロールできるようになる。※重要

時間は、有限

自分の好きなように、やりたいこと行える。

仕事の裁量は自分次第。

ただし、責任はすべて自分にある。

 

会社の看板に、守られることはない。

経費も自分で管理していく。

数字に強くなくてはいけない。

 

複数の会社とのつながりを持つことになる。

つながりを大切にしていくこと。

 

起業の注意点

身体壊せない。

身体壊したら終わりの世界である。

借金はできない。

出るお金を抑えることは計画できても、入るお金は予測不能

小さく生んで大きく育てていくこと。

いきなり大きく狙うのは、無謀である。

売上を上げるための費用はかけてはいけない。

 

個人事業にするのは、簡単な反面、廃業も簡単。

 

独立当初

1円でも売り上げることが大切。

1円を笑うものは1円に泣く。

わずかなお金でも大切しないと後悔してしまいます。

仕事量と質(単価)を上げていく。

人脈は、日ごろの行い、人との関わりを大切にしていく。

自分メディアで情報発信していく。

チャンスがあったら本を出す。

自分自身を磨き、商品価値を上げていく。

文章力、コピー力を磨いていく。

会社にいるうちに準備できるものしておく。

パソコン力も必要。

時代の流れを掴む。

情報に敏感になっておく必要がある。

まずは人に頼らず自分で行うこと。

個性を出す、人真似ばかりするのではなく。

個性を知り、個性を活かす。

 

まとめ

なぜ独立・起業をしたいのか。

自問自答し、明確な答えを出すこと。

誰かのために、「~してあげたい」というものを仕事とする。

自己満で終わるような仕事には、価値は生まれません。

新しい考えとアイデアで、これからを生きる人たちに、

最大の「楽しめる人生」を提案していきましょう。

世の中はもっと変わる。

「変わる世の中」から「変える世の中」へ

 

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村


起業・独立ランキング


社会・経済ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村